依頼のタイミング

探偵の仕事

浮気調査では、確実な証拠を確保することが重要です。そのため、ターゲットに調査をしていることがバレてしまっては意味がありません。 そこで、浮気しているかも・・・で調査をするのではなく、確実に浮気をしている確信が持てたら本格的な浮気調査をしましょう。 浮気を確実なものとする事前リサーチでは、パートナーが浮気をしている有無の確認はもちろん、浮気をしていそうな日時や場所まで把握するのがいいとされています。 浮気の有無は、メールの内容、カーナビの履歴、普段の様子から探れます。また、浮気をしていそうな日時もメールの内容や出かけるタイミングなどで確認できます。 浮気をしている確証が持てたら、本格的な浮気調査を開始してください。

浮気調査は探偵に依頼するのがトレンドです。 既婚者の浮気は不貞行為と言いますが、この不貞行為の定義が「同一異性と肉体関係を複数回持った」ということですので、肉体関係があるという事実を確保しなくてはなりません。その証拠はメールの内容などでは立証できないため、例えばホテルやお互いの家にパートナーと浮気相手が一定時間滞在しているという写真や動画が必要になります。 そのため素人が証拠をつかむのは難しいのが現状なので、探偵に調査依頼をするのが一般的です。 また、探偵が調査した内容は資料にまとめられて提出されますが、その資料は法的効力を持つため、依頼者に有利に働きます。また3年間は有効なので、今すぐにどうこうしなくても構いません。

注目の記事